401K(企業型選択制確定拠出年金)の導入サポート

どんな規模の企業(社長1人~)でも加入可能!

導入するだけで社長の退職金準備・企業コストの削減が可能な制度をご存知ですか?

 

企業型選択制確定拠出年金のご紹介

企業型選択制確定拠出年金とは?

企業型選択制確定拠出年金(401K)とは、簡単に言ってしまうと「老後資金を従業員(役員含む)が、自分で作るためのおトクな制度」です。

60歳までの間に毎月一定の金額(掛け金)を出して、その掛け金で投資信託や定期預金、保険などの金融商品を選んで運用し、60歳以降に運用した資産を受け取るというものです。

個人で掛ける場合は、「個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))と、呼ばれています。当事務では、個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ)よりもメリットの多い「企業型(401K)」をご利用いただけます。また、すでに個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ)で掛けていた方も、「企業型(401K)」へ移行できます。

確実にメリットのある資産運用

様々な優遇税制が利用できます。

社長の退職金が作れる

公的年金への不安を解決できます。

60歳未満の方が加入対象

厚生年金保険に加入している必要があります。

 

社長のみが加入した場合の節減メリット ※
導入
初年度
導入3年目
(合計)
導入5年目
(合計)
社長の節減メリット 社会保険料 76,296 228,888 381,480
所得税 137,076 411,228 685,380
住民税 58,400 175,200 292,000
合計 271,772 815,316 1,358,860
支出 導入一時金 103,600 103,600 103,600
ランニングコスト 154,800 464,400 774,000
合計 258,400 568,000 877,600
節減メリット収支金額 13,372円 247,316円 481,260円

(単位:円)

社長の拠出額を55,000円で算出しております。

社長の役員報酬は100万円で算出しております。

表示価格は全て税抜きです。

 

ここがポイント!

  1. 国から用意された3重の節税メリット
  2. 最低年利15%非課税の貯金が可能
  3. 利益圧縮!拠出金は全額損金計上
  4. 年金3割減時代の有利な資産形成方法

 

従業員の加入でさらなるメリット!

役員報酬はそのままで上乗せ66万円を非課税で積み立てられる理由をご紹介↓

 

社員の加入で節減率がさらにアップします!

社長と従業員が加入の場合
企業型確定拠出年金加入者数 10人 15人 20人
社員の
節減メリット
コストダウン削減額(推定・年額) 253,000 331,000 452,000
合計 253,000 331,000 452,000
社長の
節減メリット
社会保険料 76,296 76,296 76,296
所得税・住民税 210,436 210,436 210,436
合計 286,732 286,732 286,732
支出 【初年度のみ】導入一時金 130,600 145,600 160,600
【年間費用】ランニングコスト 219,600 255,600 291,600
合計 350,200 401,200 452,200
【初年度】節減メリット収支金額 189,532 216,532 280,532
【次年度以降】節減メリット収支金額 509,664 578,664 733,664
【3年目合計】節減メリット収支金額 1,208,860 1,373,860 1,747,860

(単位:円)

社会保険料のコスト削減額は社長の他、社員半数を月額5,000円、もう半数を10,000円と推定してありますが、必ずしも保証できるわけではありません。

社長の役員報酬は100万円で算出しております。

加入者が1ヶ月に1万円を積み立てた場合を想定しております。

表示価格は全て税抜きです。

  • 社員が加入すればするほどコストダウン(社会保険料の負担減
  • 加入は選択可能なため入らない社員がいてもOK
  • 大企業並みの福利厚生導入により、定着率強化にも好影響

 

貴社(社長)が加入すると、どのぐらいコストが下がるのかが分かるコストダウンシミュレーション実施中(無料)

確定拠出年金制度の導入なら、当社へお任せください!

無料相談受付中

電話受付:0586-85-8688(平日9:00~17:30)
ページトップへ