障害者支援事業設立申請

ご相談から申請までの完全サポート

新規事業参入がしたい

  • 障害福祉の仕事に経験を積み、いよいよ独立を計画している。
  • 介護・福祉に携わっているが、業務拡大のため障害者支援にも乗り出したい。
  • 全くの異業種だが、地域貢献できる別分野の事業を始めたい。
  • 法定雇用率の問題で障害者枠の雇用を考えている。

ご自身だけで対応すると…

  • 要件を満たしていない書類や間違った知識などにより、対応してくれた職員に迷惑をかけた。最悪の場合、書類が通らない事態も考えられた。
  • 数多くの書類の整理や申請などに手間がかかる。社内に詳しい人がいるわけではなく、結果、自身が対応し、ほかの人に業務を任せることに。
  • 新規事業に対する利益が、地域貢献の度を越えて我が社の負担となった。足早に決めたことだが、撤退せざるを得ない状況に。

大和総合行政事務所にぜひご相談ください

  • 必要な書類、知識を専門家が用意し、ご相談や疑問にもお答えします。
  • お手を煩わせていた業務を、大和総合行政事務所が作成、補助します。
  • 施設開所後の、コンサルティングもお任せください。

煩雑な手続きの一切を徹底サポートします

就労継続支援A型(例)

1.就労継続支援A型指定申請の流れ

1.事前相談

2.施設探し

3.申請書類準備

4.受理及び審査

5.開業準備

6.指定および通知

2.指定基準

  • 人員基準(従業員の知識、技能、人員配置等に関する基準)
  • 設備基準(事業所に必要な設備等に関する基準)
  • 運営基準(事業を実施する上で求められる運営上の基準)

その他、事業計画、収支予算についても確認されます。(特にA型事業所の障害者の方の給与は、事業所が行う事業収益で賄う必要があります。よって、適切に事業を行うため事業収益が見込まれることが確認されます。)

3.指定後の運営について

  • 利用者採用手続き方法
  • 各種書式
  • 行政への提出書類
  • 毎月の請求事務について

面倒な毎月の請求事務や必要な書式の準備は当事務所がお手伝いいたします※

障害福祉サービスの種類

居宅介護 自宅で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
行動援護 自己判断能力が制限される人が行動するときに、危険を回避するために必要な支援、外出支援を行います
重度障害者等包括支援 介護の必要性がとても高い人に、居宅介護等複数のサービスを包括的に行います
児童デイサービス 障害児に、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練等を行います
短期入所 自宅で介護する人が病気の場合などに、短期間、夜間も含め施設で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
療養介護 医療と常時介護を必要とする人に、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護及び日常生活の世話を行います
生活介護 常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排せつ、食事の介護等を行うとともに、創作的活動又は生活活動の機会を提供します
施設入所支援 施設に入所する人に、夜間や休日、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
共同生活介護(ケアホーム) 夜間や休日、共同生活を行う住居で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います(グループホームよりも重度の方に対するサービスです)
自立訓練(機能訓練・生活訓練) 自立した日常生活又は社会生活ができるよう、一定期間、身体機能又は生活能力の向上のために必要な訓練を行います
就労移行支援 一般企業等への就労を希望する人に、一定期間、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います
就労継続支援A型・B型 一般企業等での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います
共同生活援助(グループホーム) 夜間や休日、共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を行います

各事項の詳細やご説明も承ります。

お気軽にお問い合わせください。

無料相談受付中

電話受付:0586-85-8688(平日9:00~17:30)
ページトップへ